TOP > 製品・サービス紹介 > R壁・ドーム天井下地材加工

R壁・ドーム天井 下地材加工

概要

当社では、R壁(曲面壁)・ドーム天井などを作る際に用いる下地材の曲げ加工(Rランナーなど)を取り扱っています。
さまざまなサイズ・R寸法・種類 のご注文に対応しています。
内R、外Rなど注文時に必要とする数値は、下表、下図をご確認下さい。
ドーム天井用のR曲げ楕円R曲げ螺旋R曲げなども製作可能です!!

短納期のご要望にも、出来る限りご対応いたしております。
形状検討でお困りの場合、お急ぎの場合など、一度お問合せ下さい!!

下表は、一般的な材料に対しての当社加工範囲になりますが、丸パイプなど、下表にない材料でご検討の場合は、お問い合わせください。
特注品として個別に対応させていただきます(受注製作)。

R加工 規格 【最小R寸法表】

ランナー・Cチャンネル・角パイプなど一般的な長尺材の最小R寸法になります。ここで示すRとは半径になります。直径ではありません。曲げ方は下図をご参照下さい。
下記以外の材料やドーム天井のR曲げ・楕円R曲げ・螺旋R曲げなども、条件によっては製作可能ですので、お気軽にお問い合わせください。
下表PDFはこちらから。(下表更新日:2019/8/20) 

ランナー
部材 曲げ方 最小R寸法 L寸法(円弧) 加工方法


20~100ランナー
(20・25・40・45・50・65・75・90・100形)
通常曲げ 内R100~ ~L4000まで

切込加工
タイコ曲げ 内R200~ ~L4000まで(※1)
逆タイコ曲げ 内R300~ ~L4000まで(※1)

ライトゲージ(補強材)
部材 曲げ方 最小R寸法 L寸法(円弧) 加工方法
WLG 45×30×10(補強材)







通常曲げ
  








内R500~








~L4000まで(※1)








切込加工
WLG 50×30×10(補強材)
WLG 60×30×10(補強材)
WLG 65×30×10(補強材)
WLG 75×30x10(補強材)
WLG 75×45×15(補強材)
WLG 90×30×10(補強材)
WLG 100×30×10(補強材)
WLG 100×50×20(補強材)
     ※機械曲げなど、上記記載以外の部材・曲げ方・Rサイズの加工につきましては、お問い合わせ願います。


角パイプ
部材 曲げ方 最小R寸法 L寸法(円弧) 加工方法
角パイプ  1.2×19×19 角パイプ 内R500~



~L5500まで(※2)




機械曲げ
角パイプ  1.6×19×19 角パイプ 内R600~
角パイプ  1.6×40×20 フランジ曲げ 内R1500~
角パイプ  1.6×40×20 ロール(ベルト)曲げ 内R1100~
角パイプ  1.6×25×25 角パイプ 内R600~

チャンネル
部材 曲げ方 最小R寸法 L寸法(円弧) 加工方法

1.2t×12×38チャンネル(CC-19)



通常曲げ
内R350~(※3)  ~L2000まで(※1) 切込加工
内R1000~   機械曲げ
1.2t×19×10チャンネル(WB-19) 内R500~(※4)   機械曲げ
1.2t×25×10チャンネル(WB-25) 内R500~(※5)   機械曲げ

(※1)長さが1/2円を超える加工は不可です。

(※2)つかみ部分が両端各250mmずつ必要なため、定尺L5500は有効寸法L5000となります。
        (つかみとは→加工の際、機械に材料の両端をつかませて曲げる為、この部分はR加工されていません)

(※3)内R 150 ~ 349 の加工も可能ですが、コストアップになります。

(※4)内R 200 ~ 499 の加工も可能ですが、歪みが出る可能性がありますのでご了承ください。

(※5)内R 250 ~ 499 の加工も可能ですが、歪みが出る可能性がありますのでご了承ください。

 

※スクロールで表全体をご覧いただけます。

  • R壁Rランナー通常曲げ
  • R壁Rランナータイコ曲げ
  • R壁Rランナー逆タイコ曲げ
  • R壁R天井-角パイプ-フランジ曲げ
  • R壁R天井-ロール曲げ(ベルト曲げ)
  • R壁R天井-角パイプ
  • Rアングル入隅(内曲げ)
  • Rアングル出隅(外曲げ)
  • Rライトゲージ通常曲げ(横曲げ)





その他のサービスを見る

共同開発ご相談

構想やイメージからでも
お気軽にご相談ください


03-3625-4478
お問い合わせフォーム