TOP > 製品ニュース・ブログ > 資料(vol1)!野縁受け(Cチャンネル)別の接合部材

資料(vol1)!野縁受け(Cチャンネル)別の接合部材

  • LINEで送る

 野縁受けとして広く一般に使われているものに、下の図のようないくつかの断面のCチャンネル材があります。それぞれのCチャンネルに応じたハンガー、クリップ、ジョイントを使用する必要があります。


・当社のCチャンネル材別の製品

ハンガー、クリップ、ジョイントの順に表示しております。
表示している製品は、ごく一般的に利用されるものであり、
耐震性能等が必要な場合には、製品一覧から適合するものをお探し下さい。

なお、C-19x10,C-25x10は壁や天井の振れ止め材として作られている部材(JIS・一般)です。
通常の吊り天井では、C-38x12を野縁受けとして使用しており、これに比べ強度・剛性は劣ります。
また、野縁受けとして使う場合にはJIS規格外となりますので、
監理、施工関係者と事前にご協議の上、ご利用下さい。

断面 ハンガー クリップ ジョイント
C-19x10
C-19x10(WB-19等)専用のハンガー C-19x10(WB-19等) C-19x10専用のジョイント
C-25x10 C-25x10(WB-25等)専用のハンガー C-25x10(WB-25等) C-25x10専用のジョイント
C-38x12 C-38x12(CC-19,25等)専用のハンガー C-38x12(CC-19,25等)と野縁を固定する専用クリップ C-38x12専用のジョイント
C-40x20 C-40x20専用のハンガー C-40x20と野縁を固定する専用クリップ C-40x20専用のジョイント

・Cチャンネル材の断面性能

曲げ部分のRを無視して各種断面性能を計算すると、以下のようになります。
長尺材の長期たわみ、各種接合部材の許容耐力などの必要事項をご検討いただき、

要求性能にあわせて最適な部材をご利用ください。

※当社では、上記Cチャンネル材の製造は致しておりません。規格材の標準寸法で計算した結果を表示しております。
※このページに含まれる内容により生じた問題には、当社は一切対応いたしません。
※ページ内容は、変更・修正する場合がございます。

  • LINEで送る
共同開発ご相談

構想やイメージからでも
お気軽にご相談ください


03-3625-4478
お問い合わせフォーム