TOP > 製品ニュース・ブログ > 新商品のご案内!スライドLGフック

新商品のご案内!スライドLGフック

  • LINEで送る
 能重製作所は、C形鋼(ライトゲージ)から天井を吊るすための吊元金具スライドLGフックを、新たに開発しました。

1.開発背景

 C形鋼(ライトゲージ)に取付ける吊元金具は、当社でも既に複数商品化されており、LGフック特殊LGフックといったものがあります。LGフックとは、C形鋼に引っ掛けた後、ボルトを締付けるだけで施工が完了する製品のため、吊元まで上がって作業する事が無く、非常に施工性がよいものとなっています。ただし、風圧等の大きな鉛直荷重、地震等の水平荷重に抵抗できるものではありませんでした。
 そこで、風圧等の大きな鉛直荷重のかかる用途においても使用が可能な吊元金具の製品化を進めてきました。
※LG(エルジー):ライトゲージの略称。ライトゲージとは、軽量形鋼のことで、ここではC形鋼、リップ溝形鋼を示す。

2.スライドLGフックの特長

 本製品の特長を3つご紹介いたします。
 ①同様の製品に比べ、取付が簡単です!!
 本製品は、当社製の特殊LGフックに、ビス固定用の部品をリベットを設けて一体化した構造になります。このリベットを介した部分で、一方向に可動する構造になっています。
 この機能により、C形鋼に本製品を仮止めした後、吊元に登ってビスを打つ際、手で押し上げるだけで、簡単に位置決めが可能で、わずらわしさがなくビスを打つことが出来ます。(上向き作業でのビス打ちのため、キリコにはご注意下さい。)
 他製品では、部品が別個になっており、作業が煩雑になってしまうため、一体化をベースに開発をおこないました。

 ②適用範囲が広い製品です!!
 スライド機能があるため、部品が一つでありながら、一般的なC形鋼(ライトゲージ)の板厚全てに適用できます。
 C形鋼 :C-60~100 (リップ高さ20mmまで可)
 板厚   :1.6t~3.2tまで

 ③大きな風圧にも耐えられる鉛直強度も有しています!!
 2kN/ヶの短期許容耐力があります。
あくまでも製品の強度であり、母材(C形鋼)の梁などへの固定間隔は考慮していません。母材の下側に取り付く製品の為、状況によっては母材側が十分な断面性能をはっきしないまま、局部変形してしまう場合もありますのでので、ご注意下さい。

3.製品に関する問合せ

 本製品は、吊元金具のうち、C形鋼(ライトゲージ)用の製品です。ご検討の際は、単位あたりの必要鉛直荷重が、製品の許容荷重未満であることをご確認下さい。また、別途母材側の強度計算も必要となります。
 また、同時発表しています【特殊LGフック補強金具】は、同様の金物ですが、改修工事等でお使いいただける製品となっています。ご注意下さい。
 部品採用など製品に関するご興味・ご相談
がありましたら、下記よりお問い合わせ下さい。

質問など  ⇒ お問合せ
施工方法等 ⇒ 詳細ページ

C形鋼・ライトゲージに取り付ける高強度な吊元金具をお探しでしたら、是非、施工の容易な当社の『スライドLGフック』 をご検討・ご採用下さい。
※特許申請中の製品です。(2019/05/08現在)
  • LINEで送る
共同開発ご相談

構想やイメージからでも
お気軽にご相談ください


03-3625-4478
お問い合わせフォーム